So-net無料ブログ作成

第567回 神戸お話伺いメモ 2012/12/22 [2012年神戸お話伺いメモ]

前回の訪問は、参加者5名でした。

・70代女性。夫婦2人暮らし。中央区で全壊。タンスの下敷きになったが,その上にあったものが先に落ちてきたおかげで助かった。多くの人に助けてもらった。4時間埋まっていたため腰を痛めた。長く商店街で営んでいた店も被災し解体した。ポートアイランドの仮設住宅を経て,この復興住宅へ。今はあっちこっち病院通いをしている。しんどそうだったのに加え,寒い中での強風のため,お話し伺いを短めに切り上げた。

・40代男性。母(入院中)と2人暮らし。須磨区で全壊。西区の仮設住宅で3~4年過ごす。もといたところの方が住みやすかった。友達もいたし…。被災当時まだ若かったので仮設住宅や復興住宅の抽選で優遇されず,やっと入ったこの復興住宅は借り上げ復興住宅。あと何年かで出て行かなければならないはずなのに,神戸市から移転に関する書類が来ていない。

・20代男性。中央区で半壊。避難所や仮設住宅には行かなかった。10年ほど前に母と2人でこの復興住宅に入居。母は元気。
・50代?女性。インターホン越しに応答はあったが,言葉が聞き取りにくく,しばらく待ってみたものの,玄関ドアを開けてはもらえなかった。
・50代男性。車いすで出てきたところ,ヘルパーが「スーパーへ行くところです」とのこと。
・「何もありません。ありがとうございます。」<ご自身で支援シートに記入>
・「被災者ではないので話すことはない。」<お電話をいただいた>
・女性。「今から出かけますので…。」<インターホン越しに応答>
・40代?女性。「今話すことはない」<インターホン越しに応答>
・40代女性。「今忙しいので…」<インターホン越しに応答>
・女性。東灘区で全焼。<インターホン越しに応答>
・50代。「結構です。」<インターホン越しに応答>

・50代女性。「人が来ますので…。」

以上

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。