So-net無料ブログ作成

第589回 神戸お話伺いメモ 2013/11/23 [2013年神戸お話伺いメモ]

前回の訪問は参加者5名でした。

・80代女性。中央区で被災。全壊。少し前かがみになって、2,3日前に退院したそうで、立っていらっしゃるのが痛々しい感じだった。病名は圧迫骨折。息子さんと二人暮らし。お孫さんと息子嫁は別に住んでいる。息子さんが心配して、一緒に住んでくれていると言ってられた。食事の事も少しずつ出来ています。お年には見えず、若々しかった。

・50代男性。灘区で被災。全壊。入居10年。子供は息子と娘、4人家族で皆お体は元気との事。ポーアイの仮設は若いというだけで最後住宅が当たらず、一軒だけ取り残されて不気味でした。

・70代男性。ヘルパーさんが出てきて、毎日1時間づつ来られるとか。初めから一人暮らしとの事。

・40代男性。父・母と暮らす。灘区で被災。全壊。お子さんはおらず、ご両親と4人暮らし。今は体が悪く、C型肝炎だとの事。これは小さい頃、病院で移されたかもと言ってられた。あちこちが悪いそうで、そう言えばお顔が黄ばんで見えました。「40代の男性のメッセージはつらいと思った」

・60代女性。中央区で被災。半壊。一人住まい。7階建ての4階に住んでいたが、倒れなかったので、学校の関係(校区)で半壊の家を少し直してくれたので、そこにいました。ご主人は子供が1人前になった時に離婚。一番上の男の子は養子に、中の娘がとても大事にしてくれます。下の娘さんは障害があって、入退院を繰り返し、高校だけは出られて会社に5年いたのですが、上司からいつもいじめられてとうとう辞めてしまいました。その間も入退院を繰り返し、やっと今の場所で事務をしながら、相変わらず入退院を繰り返していますが、無事に一人で生きています。今は私一人で、孫と会ったりして頑張るつもりでいます、とおっしゃっていた。今、3軒の病院に行っていますが、ひざも腰も悪いが、それでも食事は自分でされている。とても若く見えました。お疲れ様です、と言われて、疲れが飛びました。2人のお孫さんは少し耳が悪く、心配です。

・70代男性。「今、リハビリが終わったのでちょっと出てくるからすまんね。お疲れさん」とのこと。

・70代女性。開けてくださったが、お客が来られているので失礼します、とのこと。

・60代男性。中央区で被災。半壊。自宅が半壊だったが、家主さんが直してくれたので、そのまま住んでいた。ここに当たるまで収入は少ないのに家賃も大変であったが、商売がインテリアの仕事。この仕事のストレスで目が悪くなり、今も目が不自由だとか。すい臓、大腸に不具合が見つかっていますと淡々とお話された。きれいなダチョウの卵の飾りを見せて頂きました。奥さんと2人暮らしで、奥様は元気ですとお話しして下さいました。「働くことがうれしい」という感じの人でした。

・40代男性。中央区で被災。全壊。近くの小学校に7ヶ月避難。その後、ポーアイの仮設に5、6年、最後までいた。夜間は暴走族でやかましく、寝れずに困った。職業は理容師だが、関節リュウマチを患い、今は出来ない。手が曲がっている。糖尿病も発病する。月に1回受診。

・80代女性。おしゃれをして、お出掛け時に少し会話をする。家でじっとしていて人の世話を待つのはいやだから働いたり、外に出ることなどを心掛けている、と言われた。すこしマヒ。その後、転倒し、現在左足首、ひざ、ひじに痛みがあると言われた。

・70代男性。中央区で被災。全壊。一人暮らし。小学校に1週間避難していたが、我先に配給を受けたり、目に余るマナーがあちこちで見受けられ、嫌になった。”きずな”なんて言えたものではない、と憤慨しきりでした。2、3日はよかったが、長くなるにしたがってイケズの人が多くなってきた。ごね得の人が多くいた。仮設から今の住宅に入居した。以前は、送迎バスの運転手をしていた。子供2人、孫がいる。自治会の仕事をしている。東日本の人は原発で困っていると思います、と言われた。

・初めての方の感想。「満足」。「短い時間に話を聞くことで、なかなか双方が満足することは難しいと思われるが、ボランティアを続けることに意義があると感じた」。「16年も続いている活動に感動しました」

以上
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。