So-net無料ブログ作成

第604回 神戸お話伺いメモ 2014/7/26 [2014年神戸お話伺いメモ]

前回の訪問は新人3名を加えて参加者9名でした。

・60代女性。元気にしていますから、大丈夫ですとご返事。安否のみ。

・70代女性。尼崎市で被災。全壊。入居13年。「電車を待っていたら、電車がなかなか来ないのでホームのそばのトイレにいたら、地震がきた。トイレをはって出た。電車にもし乗っていたら、死んでいたかもしれない。
家に帰る途中、豊中の方が真っ赤になっていた。新しい家がたくさんなくなっていた。今、二人暮らし」とシートに書かれていた。
会って聞くとご主人は今入院中。ご自身は骨折で、風の強い日などは転倒されるそうです。訪問時も車椅子に座ってお話しされた。お二人ともご病気なので、治療費、病院通いでお金がかかり、大変だと言われていた。買い物はデイサービスを利用されている。占い師に生年月日を見てもらうと、男なら社長、女性なら・・・びっくりして寝込んだと話してくださった。ここでは、話し合いが少ない。土曜日は学生と集会所で遊ぶのが楽しみ。折り紙を折るのが得意だそうです。鶴を紅白で折られる。
訪問者の感想「思いのままに話された。聞いてくれる人があるのが、うれしそうでした。楽しい様子で話してくださりお話し好きで、震災の時から、ご主人の話までいろいろとはなされたすてきな女性でした。」

・50代女性。「元気です」と安否のみ。

・70代女性。封筒に入れた支援シートがドアに張ってあった。「入居1年。10年前に転居してきた。現在のところ、大丈夫です。ありがとうございます」と書いてあった。ドアに、お礼のメモを入れておきました。

・女性。インターホン越しに「元気です」と安否のみ。

・60代男性。ドアを開けて、「話はない」とのこと。

・留守番の女性が出てこられ、今病院に行っていますとのこと。

・女性。インターホン越しに「ご苦労さん」と言って切れた。 

訪問者の感想「暑い日だったので、ドアを半開きにしている家が多かったが、長話はしたくないような人がたくさんおられた」

以上
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。