So-net無料ブログ作成

第547回 阪神・淡路大震災 傾聴ボランティアの募集 2012/2/25 [神戸活動案内]

日時:2012年2月25日(土)午後1時~5時

集合場所、時間:三宮駅から南東徒歩5分「神戸市勤労会館」
・午後1時に408室にご集合下さい。

訪問先:神戸市中央区、HAT神戸・脇の浜住宅

ご連絡は電話078-734-6544、携帯090-8121-9709週末ボランティア代表:東條健司まで


前回の訪問は、参加者9名でした。

第546回 神戸お話伺いメモ 2012/2/11 [2012年神戸お話伺いメモ]

・70代男性,一人暮らし。兵庫区で全壊。ポートアイランドの仮設住宅を経てこの復興住宅へ。「終の棲家は此処だね」。近隣の方々のお世話をしたり,1日2時間歩くようにしたりと,お元気そうな模様。
東日本大震災について訊いたところ,津波があった分,大変だったろうが,最初の地震への対応は後手に回ったのでは,と思ったとのこと。

・80代女性,一人暮らし。中央区で全壊。同区内の仮設住宅に4年いた後,この復興住宅へ。一昨年,病院で置き引きに遭い,「日本でこんなことがあるなんて考えられない」。以後,鍵交換に1万円かかったりと大変な思いをしたり,表札に名前を書かないなど警戒心を強めたりしている。

・60代女性,東灘区で全壊。西区の仮設住宅で4年過ごす中,東灘区の両親の介護に通い,入退院を繰り返した母の治療費のためお金を使い果たし,弟の援助を受けた。いったん別の仮設住宅に移った後,この復興住宅へ。心臓に異常を抱えながらも隔日で仕事を続けている。
部屋中をアートで一杯にして、「話しを聞いてくれてありがとう」と涙ぐまれた。

・70代男性,一人暮らし。兵庫区で全壊。被災時,文化住宅の2階にいて無事だったが,隣の建物が倒れかかってきて,もたれかかったため,損壊した。ポートアイランドの仮設住宅に4年間いた後,この復興住宅へ。何種類もの薬を間違わず飲むのも大変な模様。
タバコが好きで,院内で喫煙できる,ヘビースモーカーの院長がいる病院まで,自転車に乗って行く。暖かな室内に上がらせていただいてのお話し伺い。

・70代女性,70代夫と2人暮らし。兵庫区で全焼。被災時,文化住宅の2階に住んでいた。着替えなどの準備をする余裕はなく,パジャマ姿,素足のままで脱出,近くの小学校へ避難した。
垂水区の仮設住宅で3~4年過ごす。その間も長田区まで靴製造のアルバイトに通っていた。この復興住宅に入居して13年目。年金が減って困っていると,現在も午前中3時間ほど清掃の仕事に。
震災時の辛さを思い出して時折涙ぐんだが,ボランティア参加者と被災場所が近いことが判ると,うち解けて元気になっていった。

・80代男性,一人暮らし。東灘区で全壊。被災後妻を亡くし,他の公営住宅を経て,この復興住宅へ入居して3年。ヘルパーに週2回来てもらっている。歩行器に手をかけながら玄関に立ってお話し伺いに応じてくださったが,しんどいとのことで,短時間で切り上げ。

・70代男性,一人暮らし。東灘区で被災。震災後は商売が不振で閉店。数年間勤めた臨時の職も昨2011年で退いた。
この10年近く,さまざまな病気の進行で医療費が嵩んでいるので,市に相談したが,年金支給額とのかねあいで補助はできないと言われた。「迷惑にならぬ余生を送りたいと思います」,「孤独な人々に支援をお願いします」とのメッセージも。<自身で支援シートに記入>

第545回 神戸お話伺いメモ 2012/1/28 [2012年神戸お話伺いメモ]

・80代女性,夫婦2人暮らし。灘区で全壊。被災当初は市内の息子さん(今も時折この復興住宅へ来てくれている)のもとに避難したが,程なく県外へ。仮設住宅はポートアイランドだった。夫婦ともにお元気で,ご主人は今も車の運転をしている。「生きている以上は人のために何かしたい」と,ボランティア活動をしたことも。ご主人は今もしているという。

・60代女性,一人暮らし。東灘区で全壊。区内の公園で避難生活を送った。故郷の親戚から送ってもらった米を炊き出しに供出して配ったりした中で,大学生のボランティアが組織だって動いてくれて助けられたりした。震災後に職を失わずに済んだことから,仕事が何より大切と,最近まで長く製造業で働いてきた。男子高校生も同じ職場にいたとのことで,身体にはきつかったのか,震災以来の負担も相まって,腰や肩を痛め,たくさんの湿布を貼っている。避難生活で行政の的確な対処が行き届かず,「自助努力」を強いられた経験から,「力のない人は何年かかってもはい上がれない」と,痛切に感じた。また,「東日本大震災に比べれば,阪神淡路大震災はまだマシ」との思いも。

・男性。「都合が悪いのでお断りします」と,メモを貼り付けて外出。帰宅されたところに出会い,あいさつなど交わす。

・男性。「今日は元気がない…」とのことで,安否うかがいのみ。

・「しんどくて,もの言うのもイヤ」とのことで,安否うかがいのみ。

2012/2/11(第546回)初参加者の感想 [初参加者の感想]

★Yさん:
「大変な活動だなァ」と思った。震災以降続けてこられた積み重ねに裏打ちされたノウハウもお持ちで、活動の価値を高めていると思った。ただ阪神の震災から随分時間が経っているのだから、被災状況を余り詳しく聞くのはどうかと思う。

第544回 神戸お話伺いメモ 2011/12/24 [2011年神戸お話伺いメモ]

・80代女性,夫婦2人暮らし。灘区で全壊。被災当初は市内の息子さん(今も時折この復興住宅へ来てくれている)のもとに避難したが,程なく県外へ。
仮設住宅はポートアイランドだった。夫婦ともにお元気で,ご主人は今も車の運転をしている。
「生きている以上は人のために何かしたい」と,ボランティア活動をしたことも。ご主人は今もしているという。

・60代女性,一人暮らし。東灘区で全壊。区内の公園で避難生活を送った。故郷の親戚から送ってもらった米を炊き出しに供出して配ったりした中で,大学生のボランティアが組織だって動いてくれて助けられたりした。震災後に職を失わずに済んだことから,仕事が何より大切と,最近まで長く製造業で働いてきた。男子高校生も同じ職場にいたとのことで,身体にはきつかったのか,震災以来の負担も相まって,腰や肩を痛め,たくさんの湿布を貼っている。
避難生活で行政の的確な対処が行き届かず,「自助努力」を強いられた経験から,「力のない人は何年かかってもはい上がれない」と,痛切に感じた。また,「東日本大震災に比べれば,阪神淡路大震災はまだマシ」との思いも。

・男性。「都合が悪いのでお断りします」と,メモを貼り付けて外出。帰宅されたところに出会い,あいさつなど交わす。

・男性。「今日は元気がない…」とのことで,安否うかがいのみ。

・「しんどくて,もの言うのもイヤ」とのことで,安否うかがいのみ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。