So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2014年神戸お話伺いメモ ブログトップ
- | 次の10件

第594回 神戸お話伺いメモ 2014/2/22 [2014年神戸お話伺いメモ]

前回の訪問は参加者4名でした。

・女性70代。支援シートの紙があった。灘区のアパートが全壊。一人暮らし。「亡くなった主人は神戸出身、アパートが全壊でした。私は市外に住んでいましたので、いつもありがとう御座います。冬になると私自身、冷え性なので時々、苦痛になりますが前向きに過ごして居ります」

・男性70代。中央区の1階店舗、2階自宅が全壊。一人暮らし。昨年2月に15歳年上の奥さんが亡くなって、精神的に参っているとおっしゃっていた。灘区の仮設に4年ほどいた。15年前、ここができたときに入居した。5年前に間質性肺炎(かんしつせい)にかかり手術し、その後ホルモン投与、2、3ヶ月入院し、今は元気とのこと。73キロあった体重が15キロも減った。今は歌のボランティアをやって、老人ホームやいろんな所に行って、表彰状もいただいたことがあり、今年も行けると言われていました。歌は、浪曲歌謡を歌うのが好きだそうだ。震災前は、喫茶店をやっていた。訪問者の感想「とても若々しい、ダンディーな方でした」「あまり聞く事は出来なかったけど、返事がよくて、対応も良いと思った」

・女性50代。人が来ているので、と安否のみ。

・70代男性。「今、テレビ見とった。誰もおらへんから、ごねんな」とドア越しに言われた。

・70代男性。出られたので声をかけたら、今から出るところだとおっしゃった。。

・70代女性。支援シートを持って玄関に出てきて、先々週の「フライデー」に手紙を出したものを見せてくれた。とてもさわやかな、感じのいい女性だった。支援シートには「今日は都合が悪く留守ですみません」と書いてあった。

・何も書いていない支援シートがドアにはさんであった。表紙の「ご都合が悪い時は、どうぞお断りください」と書いてある初めに、二重丸がつけてあった。

・50代女性。「うちはいりません」と安否のみ。

感想「今日は、昨日の雪が降り続き、寒さが続きます」「寒くて震えました・・・」

以上

第593回 神戸お話伺いメモ 2014/2/8 [2014年神戸お話伺いメモ]

前回の訪問は参加者5名でした。

・60代の男性「何とか元気です。忙しいので」と安否確認のみ.

・中学3年ぐらいの男の子。ドアを開けてくれたが、今は誰もいないとのこと。震災のことがわかるかと聞いてみると、うなずいていました。学校で習っているそうです。

・60代の男性。手が離せないと、安否のみ。

・60代の男性。中央区被災。全壊。震災で会社、家がつぶされた。入居5年。地震の時、ズボンをはいていたら、3メートルくらい飛ばされていた。一人暮らしだったので、岩屋の方に引っ越して、平成20年にここに引越しした。腰痛は以前から持っていたが、時々手がしびれ、お茶碗を落としたり、2年前にくるぶしが刺されるように痛み病院に行ったら、大きな病院を紹介された。それ以来、毎週通院している。腰痛は背骨が曲がっているからかとお話されていた。かかとを痛め、足、腰に力が入らない。「おさみしくないですか」と尋ねると、「初めから一人だから」と笑っておられました。市場には買い物に行って、おかずは出来合いのものを買ってこられるそうです。元気そうに見えても、部屋にいる時、時々ふらつかれ、病院の方に言っても、「大丈夫です」と言われるそうです。年だから仕方がないと言われるが、60才は決して若くはないけど、老人でもないですよね、と言うとうなずいてられた。お元気で、と言ってドアを閉めるまでなごりおしそうに見ておられました。もっと話をしたかったのでしょうか。

・母80代、息子60代。灘区で被災。全壊。支援シートがポストに入っていました。

・70代女性。今、気分悪いので失礼したいとドア開けず、忙しくて手が離されないのでご苦労様、と言ってくださいました。

・40代女性。2回インターホンを押すと、ドアが開き「いらん、もうよろしい」とドアの隙間越しに言われた。終始、しかめ面で凝視されていた。これまで、どんな体験をされたのだろうか、と思った。

・20代女性。関東から引越し。
・男性。「よろしい」と窓越しに。
・インターホンで安否のみ。

以上

第592回 神戸お話伺いメモ 2014/1/25 [2014年神戸お話伺いメモ]

前回の訪問は参加者7名でした。

・70代男性。東灘区で被災。全壊。入居15年。奥様とは震災前から別居。震災の時、息子が2階に、自分は1階にいて3時間生き埋めになった。その為、現在もコルセットをはめ要支援2だそうです。調理師で、150人分の弁当をつくったこともあると言われ、料理のエキスパートだと思った。この住宅でも4年前まで「男の料理教室」をされていたそうです。「花とみどり」のベストを持ってこられました。今はみなとのもり公園の花を植えるボランティアを4年間、続けているとのことです。阿波踊りや神戸まつりも好きで去年まで参加されていたそうです。今は、温室で種をまき、育ててられる。「明日は餅つきですよ」と言われ、しゃきっとされた70代でした。上の階の人が亡くなったが、死亡のことは言わないようにしていますと言われた。「寒い中、ご苦労様でした」と言葉を下さいました。(参加者の感想「背筋の伸びた、人生を楽しんでおられる、ナイスガイでした。笑顔がとてもすてきな印象を感じました」

・60代男性。支援シートあり。中央区で被災。半壊。「20年しか住めないので 後の事を考えます?」という内容で、意味不明。借り上げの「20年期限」と勘違いされているようだ。

・60代男性。中央区で被災。全壊。お父さんが天井の梁(はり)を肩で受けて、ほとんど即死状態。77歳だった。母は体が小さく、父が肩で梁を受けたおかげで助かった。小学校に避難し、仮設に2年間。水汲みが大変で、隙間風が寒くて、困ったそうだ。母親は昨年ここで亡くなった。91歳だった。ご本人は脳梗塞と糖尿病を患っておられたが、今は快方に向かっているとのこと。カラオケが好きだが、住宅のカラオケには好きな歌が少なく、カラオケボックスで「ひとりカラオケ」を楽しんでおられる。

・70代男性。インタホン越しに「結構です」と強い調子で言われた。

・70代男性。インタホン越しに「宗教ですか」などと言われ、丁重に訪問の趣旨を説明したが、「もう結構です」ときつい調子で言われた。

・50代女性。インタホン越しに「今、忙しくしているので」と。

・70代女性。表札にはAとあったが、小さくBと書かれていた。本人はBと言われた。東灘区で被災。一部損壊。ドアを10センチぐらい開いて話をする。5分ほどだった。震災後、東京の娘のとこに2,3週間行く。その後の様子を聞いている時、突然猫がドアの隙間から飛び出て、全員でなんとか捕まえて、家の中に押し込んだが、そういうこともあり話は終わった。ドアが少ししか開いていなかったのは猫が出ない為にそうされていたようだった。

・80代女性。中央区で被災。一人暮らし。60年近くレコード店を営まれていた。万引きによくあい、目を光らせていたそうだ。今年の1月にご主人を亡くされ、来年1月に一周忌をすると言っておられた。息子さん2人、娘さんが2人いたが、下の息子さんを先月病気で亡くされ、62歳だった。いろいろと大変で夜も寝れず、不眠症だと言われていた。神経痛で7年前は歩くのも大変だったが、今は大分良くなり、押し車を押して買い物にも行かれる。水曜日がデイケアで、1日体操をする。娘が週2回来る。別の娘が週1回来てくれる。孫もよく来て、一泊どまりで連れて行ってくれる、と楽しそうに言われた。玄関の壁にはご主人と行かれたハワイ旅行のお土産の壁掛けが何枚も飾ってあった。(参加者の感想「一人住まいだが、3人の子供が交互に訪ねてきて呉れて幸せな方だと思った」)

以上
- | 次の10件 2014年神戸お話伺いメモ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。